「極食」と「宇宙食」

先日、桜の座卓をお納めした白馬村のAさん。
変わった(と云うか、羨ましい)経歴の持ち主です。

以前このブログで紹介した、オーロラの写真おぼえてます?→こちらです。
Aさんは、南極観測隊員。それも調理担当。
そうです、「南極料理人」です!

その後も、某国の公邸料理人を努め、縁あって今は白馬の地に来ました。
そして今のお仕事は、
d0184405_22595184.jpg
これなんだか判ります?
「極食」-南極観測隊と同じ仕様のフリーズドライ食です。
これを手掛けているのです。

そして極めつけがこれ
d0184405_2335417.jpg
「宇宙食」です。
最近、帰って来た宇宙飛行士さんのモノと同じものだそうです。

厳しい環境で長く暮らす人間にとって、食事に掛るウエートは測り知れません。

美味しいモノをいかにしてフリーズドライにするか、
水で戻した時に、どれだけ本物の味に近ずけることが出来るか、
等々、長年の料理人としての経験で成し得る、究極のドライ食。

極食は、販売もしているそうです。
登山などには、最適です。
また、非常食としても良いのでは。

興味のある方は、ぜひどうぞ。

そらのさらにのっけて食べてみようっと。
[PR]
by atelier-sora | 2012-11-29 23:18 | 日々のこと | Comments(0)