赤松材で作る家具 Vol.2

今度はちょっと大物。
背付きベンチ。 横幅1800mmあります。
d0184405_15154611.jpg
座面前部は耳付きといって、皮に近い部分をそのままの形で残し、節などもそのまま活かしました。
d0184405_15184018.jpg
背の部分は、安曇野から見える、常念岳(左)から有明山(右)までの稜線のシルエットを形取りました。
判りますかね。。。。。。
d0184405_1523422.jpg
丸テーブルと椅子のセットと共に、安曇野市庁舎1階中央ロビーに置いてあります。

松枯れ被害材、というあまり歓迎されないコたちを、なんとかここまで甦らせることが出来ました。
欠点、難点はありますが、赤松材もりっぱな素材です。
工夫と理解で、家具材として使えることが判りました。
いい勉強になってます。

まだまだ製作は続きます。
おたのしみに。

※明日、3月21日(月・祝)は営業いたします。
22日(火)は定休日です。
[PR]
by atelier-sora | 2016-03-20 15:37 | 家具 | Comments(0)