カテゴリ:旅( 8 )

気になる書店
d0184405_2232494.jpg
ガケ書房
男前な品揃えで、ついつい見入ってしまった。

ギャラリーも幾つかハシゴして、在廊していた作家さんともお話が出来て、オミヤゲ沢山な西への旅でした。
[PR]
by atelier-sora | 2011-12-14 22:37 | | Comments(0)
関西方面に納品に行きながら、寄り道を。
近江八幡にある、ボーダレス・アートミュージアムNOーMAへ。
d0184405_13205346.jpg
ちょっとイイ感じの古い民家です。
障害者の皆さんのアート作品には驚きと、感動がありました。
長野県でも是非やって欲しい取り組みです。

それからやはり京都へ足を延ばしました。

以前からお付き合いのある工藝百職さんの周辺に気になるお店があるのです。
サーカスコーヒーさん
d0184405_2251969.jpg
プレオープン中と云うことでしたが、元は古いお茶屋さんだったという店先で、ごちゃギュッととしながらお客さんと膝付き合わせて呑んだコーヒーは、まろやかで澄んでいてホワッとする美味しい(なんて表現なんだ!)味がしました。店主ご夫妻とのお話も楽しくて、ついつい長居してしまいました。

百職さんでは、以前からお話がしたかった木工作家の小塚さんとゆっくりとお話が出来ました。
d0184405_9262514.jpg
ここもゆったりとした時間の流れる中、いろいろな作品に出逢える場所です。
d0184405_9275145.jpg
近所には、パン屋さん、バームクーヘン屋さんが出来て、また来るのが楽しみなトコロになりました。
[PR]
by atelier-sora | 2011-12-13 13:25 | | Comments(0)
被災地支援をしている友人から紹介されたサイトから知った「小さな復興プロジェクト」。
そこで作っている、木のキーホルダー「onagawa fish」。
d0184405_22463944.jpg

安曇野スタイルで、皆さんの紹介しようと思ったのですが、間に合わなかったシロモノです。
その製作現場を一目見たくて訪れました。

地元のフツーな女の子達が(休憩中でした)
d0184405_2252457.jpg

手作り感満載の機械で
d0184405_22541313.jpg

コツコツと手作業で
d0184405_2256784.jpg

作ってました。

大潮になると、工場に水が入って作業が出来なくなるそうです。

現在入荷まで一カ月以上かかる程の人気商品です。
被災からここまでの道のりを聞くと、尚更に紹介したくなりました。
来月には、アトリエ宇-sora-に届くと思います。お楽しみに。

女川漁港まで行って来ました。
なにもない、本当に何もかも流れてしまった。
d0184405_2354147.jpg

一階まで水が来たと云う、高台にある病院駐車場から見た女川。
声も出ませんでした。これだけ撮らさせてください、と祈りながらの一枚です。

d0184405_01429.jpg

がんばれ、女川!
けっぱれ、東北!

短い時間でしたが、いろいろなことを見、聞き、感じた、みちのくの旅。

自分達に何が出来るのだろうか。
何をすればいいのか。

噛みしめながら、帰途につきました。

そうだ、まずは、仕事をしよう。この想いを胸に、淡々と。
[PR]
by atelier-sora | 2011-11-17 00:08 | | Comments(4)
d0184405_87484.jpg

短い東北行きの中で、少しでも被災地ボランティアをと、盛岡と宮古の間にあるボランティアセンターかわいキャンプへ。

宮古市の磯鶏(そけいと読みます)地区にある、仮設住宅の集会場(サロン)で、住民の皆さんのお話相手をしました。

超ネイティブな岩手弁のお年寄り達が、被災当時の物凄い体験を、半ば笑顔で普通に話してくれるので、どんな顔で聞いたらいいのかしばらく迷いました。

心に残る会話は、私が元大工だった事を聞いたおばあちゃんが、「何か作って欲しいものある?」と聞いたら「家が欲しい!」と冗談混じりにも切実な声で叫ばれたことです。

不慣れな仮設住宅住まいで、ちょっとした棚や、下駄箱やらがあればなあ、ってつぶやきを聞くと尚更に自分の力が空しくなります。。。

材料や道具があれば、何かしら作ってあげれたのかな。。。。

ガレキ除きや片付けが終わり、仮設住宅にも入り、ようやく暮らしていけると、一息ついたところだけど、これからの生活をどうしたらいいのか分からない、先が見えない、というのが実情でした。

かわいキャンプは高校の分校跡を使った、比較的設備の整った自由な空気のあるボランティアセンターでした。時間を作ってまた訪れたいところです。
d0184405_8105480.jpg


次の日は、石巻まで南下しました。
ウチのお客さんの実家がここ石巻でお寿司屋さんを営んでいて、今回の震災で被害に遭い、この10月に復活開店をしたと聞いて伺いました。美味しかったです!
石巻グランドホテル前の、寶来寿司(ほうらいずし) tel:0225-22-1258
東北へいらしたら、是非、お立ち寄りください。

この旅の最後は、いちばん訪れたかったところ女川へ。

少し文章だけになってしまいましたので、またつづく、にします。
[PR]
by atelier-sora | 2011-11-15 22:51 | | Comments(0)
安曇野スタイルの余韻が消えないまま、一路青森へ。

晩秋の十和田湖畔にある「ゆずりは」さんへ。
東北の工芸品の粋がそこにありました。
手仕事のひとつひとつに理「ことわり」があり、歴史と重みが感じられました。
作り手を名乗る者として、眼目するばかりです。勉強になりました。

夏から秋の疲れのご褒美に、浅虫温泉の湯に浸かりました。旅のアカと共に少し流せたでしょうか。。

翌日は、三内丸山遺跡へ。
d0184405_2242562.jpg

縄文人の智恵と力を感じました。
この時代に生きたら楽しかったろうなあ。。

隣接する青森近代美術館へ。
d0184405_2284398.jpg

あおもり犬です。
奈良美智さんの展示、おもしろかったなあ。
企画展の今和次郎の展示には、喰いついてしまいました!
広く、迷路のような館内は巡るのに大変でけど、ここは一日居ても飽きない!
丸山遺跡も広々として気持ちもイイ空間で、これはまたゆっくり時間をかけて来たいです。

この日は盛岡まで南下しました。
ここでは南部鉄器の職人さんの仕事を垣間見る事が出来ました。
みちのくの喧都は、人も食も熱いところでした。

明日はボランティア基地へ向かいます。   つづく~。
[PR]
by atelier-sora | 2011-11-14 22:28 | | Comments(2)
ベトナムでの旅で、もっともハマッた食べ物「バイン・ミー」。
正式名称はちょっと違うかもしれませんが、
要するに、フランスパンのサンドイッチ。

日本より格段に美味しいベトナムのフランスパンに、
パクチーとかパテとか大根のピクルスとか何かの葉っぱ(?)とか、
その他、なんだか良く分からないベトナムフードが挟まってますが、
これが妙にマッチして、やみつきでした。


松川村にオープンしたパン屋さん「いぐパン」の
フランスパンが美味しかったので、
従姉からもらったパテと、わざわざ山形村で入手したパクチーなどで、
作ってみました、「バイン・ミー」。
仕上げは、ニョクマム(タイのナンプラーですね)をひとふり。
d0184405_0444698.jpg


パクチー命の我ら夫婦は、満足満足!


いぐパンさんのパンは、食パンとかフランスパンとか、
シンプルなパンがもっちりさっくりで、とても美味しい。
パンの袋を開けると、幸せな香りが…!

春には、イートインの「いぐカフェ」もオープンするそうです。
楽しみですね。
[PR]
by atelier-sora | 2011-03-01 00:45 | | Comments(2)
この春からのギャラリー本格始動に向けて、
奈良、京都に行って来ました。

どちらの街でも、素敵なギャラリー、面白い作家さん、作品に出逢えました。
今後のウチの企画にも賛同してくれそうなところも。

追々、紹介していきたいと思います。



今回美味しかったモノ
d0184405_23115340.jpg

連れ合いがベタ褒めした、スマートコーヒーのフレンチトースト。

今回グッときた家具
d0184405_23141092.jpg

         スマートコーヒーの椅子、テーブル、スツール。

いつもは、イノダコーヒに行くのですが、
今回はスマートコーヒーでモーニングしてみました。

京都はいいトコロです。美味しいし、楽しいし、面白い。
[PR]
by atelier-sora | 2011-01-12 23:42 | | Comments(2)
2010年の1月、私たちはベトナムを旅していました。

私は11年ぶり、ダンナは初のベトナム。
人も空気も食べ物もビールも、
何もかもぴったりきて、
気持ち良く楽しい旅でした。

2011年の年賀状作りのため、
久しぶりにベトナムでの写真を見る。

d0184405_0434741.jpg


メコンの小さな島で昼寝するダンナ。
犬も昼寝。

寒い寒い安曇野で、
あのベトナムでのゆっくり、あったかい時間を
ふっと思い出しました。
[PR]
by atelier-sora | 2010-12-31 00:47 | | Comments(0)