カテゴリ:日々のこと( 200 )

工房前の桜が満開の盛りを過ぎ、散り始めました。
d0184405_5561857.jpg
惜しむべく夜桜を楽しみました。ハラハラと散る桜を愛でながらのビールは美味しかった~。
d0184405_559343.jpg
気持ちがイイ日は外で作業。
桜が舞い散り、一面桜の絨毯に。
d0184405_63098.jpg
この季節限定?の桜オイルで仕上がります。。。
d0184405_641772.jpg
数の減っていた「ぱんのいた」も少しづつ焼き上がって(出来上がって)います?!
お楽しみに。

今日(28日)、明日(29日)は、営業しております。
ゴールデンウィーク中(5月6日)は、定休日なしで営業します。
[PR]
十年近く眠っていた、往年の友STIHL024AVが甦りました。
d0184405_21462738.jpg
薪切りをせねばと、引っ張り出したものの、ウンともスンとも・・・。
ちょっと時間と手間を掛けてオーバーホールしました。見事復活!
d0184405_21592029.jpg
一発で掛かるし、チェーンも研ぎ直したので、サクサクと切れます!!

二十代の頃、これ一台で木を伐りだし、稚拙ながらログハウスを作りました。
今想うと、あれが木と係わる始まりでした。
d0184405_2201418.jpg
穂高の森も桜が咲き始めました。
また、よろしく頼むぜ、相棒。

お休みのお知らせ
4月21日(月)・22日(火)定休日:展示替え
4月23日(水)臨時休業日:展示替え

[PR]
今年は少し遅めに咲きました。
d0184405_9303786.jpg
いつもの場所に、いつものように。

遠方からお客様も、見えられるようになりました。春ですね~。

田んぼも始動です。
d0184405_934639.jpg
まずは皆で堰さらい。常念がきれいだ。
ちいさいヒトもお手伝い?!。
d0184405_9454250.jpg
水通しー!
堰に水が入ると気持ちイイ!

空と地と水に感謝。
[PR]
ー冬来たりなば春遠からじー
東北の再興を心からお祈りいたします。
d0184405_2031947.jpg
昨夜来の雪が薄っすらと。
d0184405_202441.jpg
今朝も-10℃になりましたが、日中の陽射しは春の気配が。
d0184405_205937100.jpg
そんな春の匂いに誘われて、岳都松本へ。
松本城の周りの桜も少し膨らんでいたような気がします。
d0184405_214228.jpg
はぐれハクチョウが一匹。お前はまだ春を感じないのかい?

春はもうすぐそこまで。
お日様に向かって、大きくひとあくび。

明日もがんばろっと。
[PR]
すいません、長々と味噌作り編になってしまいました。
もうしばらくお付き合いください。

さあ、三日目はいよいよ仕込みです。
d0184405_10235897.jpg
醸しだされた米麹を、手で細かく揉み解してボウルに4㎏づつ小分けします。
d0184405_10273271.jpg
一晩置いておいた豆(9㎏)をミキサーに投入。
d0184405_1030337.jpg
続いて米麹を入れます。
d0184405_10305964.jpg
そしてお塩(メキシコ産天日干塩)を2㎏を揉み解しながら入れます。
d0184405_1035852.jpg
最後に魔法のお水、豆の煮汁をカップ1杯半くらいを、練加減を見ながらタラタラっと。
d0184405_10371436.jpg
6,7分くらいかき混ぜて、出来上がり~!
d0184405_1040451.jpg
味噌玉にして、
d0184405_10405083.jpg
樽に叩き付けて(空気を抜くのかな?)ぎゅっぎゅっと詰めていきます。
d0184405_1041236.jpg
仕込みたてのお味噌の色って、こんなかんじなんですね~。

長い三日間でした。
けっこうカラダ、くたびれました・・・。
でも楽しみです。
晒し布と、板酒粕で表面を閉じて、食べれるのは夏過ぎたあたりかな~。

ご長読、お付き合いありがとうございました。
[PR]
続きは昨日、なんて偉そうなコト云いましたが、思いのほか普段使ってない筋肉を使って連夜グロッキーでした。。。。

さて、二日目。
d0184405_18283325.jpg
一晩水に浸したお豆を巨大な圧力鍋で煮ます。
お豆の種類は「タチナガハ」。アイガモ農法でおなじみの藤沢さんのところで無農薬・有機栽培で採れたもの。
d0184405_183345.jpg
加工場の中は蒸気と豆の匂いが充満。9斗7を三回に分けて煮ます。
d0184405_18342815.jpg
その間に、去年作った味噌の返しをしたり(写真)これをすると更にオイシクなるそうです。、醸し中の米麹の切り返しをしたり、休むヒマもありません。
d0184405_1839867.jpg
豆の煮汁は後でお味噌に混ぜる魔法の水。これでシャンプーなんかするといいそうですよ。もちろん大豆の旨味がギュッと入っているので、お料理にもいいそうです。
d0184405_18431980.jpg
煮上がったお豆をミンチにします。
d0184405_18451255.jpg
このまま一晩。

d0184405_18455792.jpg
隣の加工場では、豆腐作りが始まりました。
一晩水に浸したお豆を(味噌とは種類が違います)細かく擂り潰して、
d0184405_18483622.jpg
グラグラ煮立ったお湯に投入。
d0184405_18516100.jpg
半分近く煮詰まったもの(呉汁?)を濾します。
d0184405_18565729.jpg
お豆腐の匂いがぷんぷんの豆乳の出来上がり。

ここらで、私らは米麹の切り返しに。
d0184405_18585478.jpg
う~ん、いい匂い。
d0184405_18593953.jpg
暖かくて気持ちいい。米麹の匂いに酔いしれながら、一粒一粒細かくしていきます。
この子は、もう一晩醸します。

と、今日はここまで。
この日は一日の作業でした。さすがにくたびれましたね~。
d0184405_193427.jpg
でも、うれしいお土産が。
出来立てのお豆腐いただきました。おからも。

美味しかったです。
[PR]
手前味噌と申しまして、自分の手で仕込んだ味噌、それはそれは自己満足的にウマいものです。

五年前に仕込んだ味噌がちょうど無くなったので、田んぼの仲間に誘われて、今日から味噌仕込み。
d0184405_1653162.jpg
まずは大豆を洗います。面白いほど泡くが出て、数回水を替えながら、泡が無くなって水が澄んだら、
d0184405_1656125.jpg
たっぷりの水にひたして一晩置きます。

そしてお米を蒸して米麹作り。
お米は、アイガモ農法でおなじみの藤沢さんのところの、ササニシキ。
これを、72㎏いっぺんに蒸します。
d0184405_17493994.jpg
蒸し具合は、親指と薬指で擂りつぶして餅になるくらいだそうで。
食べるとやや固い。。。
d0184405_1758539.jpg
これを混ぜ揉み台?の上に移して(大釜から蒸した米を移すのは、スコップを使ってまるで雪かき・・。思い出してしまったゼ・・・。)、みんな混ぜ雑ぜ。熱いんですよ、これが!!
40~45℃くらいに冷めたら、種麹を混ぜます。
d0184405_1852927.jpg
よーく混ぜ合わせたら、醗酵器に移して、今日の作業はここまで。

けっこう、力仕事なんですよ。豆は9斗ありました。

この続きはまた明日。
[PR]
彩りの楽しい手作りゼリーをいただきました。
d0184405_2127394.jpg
食べる前におもわずパチリ。

食べ進みながら(掘り下げながら)も、色々な味の変化が楽しめました。

最後はまぜまぜしてパクリ。

この冬もイロイロありましたねえ。。。。

おっと、また今夜、雪が降りそうだ。
[PR]
まだ朝方は-10℃と冷え込みますが、日中の日差しはすこーし、春を感じられるようになりました。
d0184405_2133136.jpg
屋根からのつららもホラこんなに。。。

かまくらに火を灯してみました。
d0184405_21454641.jpg
キャンドル作家、ho to ri-yaさんのろうそくがゆらいでます。
d0184405_2151053.jpg
ほわっとしますね。。。

風の無い夜には、しばらく点けてみようかな。
かまくらが消えるまで。
[PR]
大雪のため、被害に会われた方々に心からお見舞い申し上げます。

県外への道もようやく除雪が進み、交通の流れも徐々に取り戻してきました。

ウチも日々、どこかしらの雪片づけに追われてます。。。

そんな中でも遊びゴコロは忘れずに。
d0184405_18301335.jpg
積み上げた雪の山を堀りはじめ、
d0184405_18351649.jpg
久しぶりにかまくら作りました。
d0184405_18372634.jpg
木のそばを掘ったので中から枝が・・・。
ウチのちいさいひとの車庫になってますが・・。ご愛嬌。

中はチビッ子なら三人くらいは入れるかな。
d0184405_18401363.jpg
アトリエ-sora-別室と云うコトで。
もう少し広げて、何か展示しようかな。。。
[PR]