<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

工芸の五月が始まりました。
アトリエ宇-sora-は、ギャラリー企画として「野にたずさえる」展を
d0184405_22533030.jpg

4月29日~5月31日まで開催してます。

「安曇野遊山」を楽しむ、遊山箱とその遊山グッズを
d0184405_2256852.jpg

ご紹介します。

いろいろな作家さん達の、いろいろな遊山ものが、集まりました。

遊びに来てください。
[PR]
工房の前の桜が咲いた。
d0184405_23355532.jpg

朝からカミさんと二人でお花見遊山。
d0184405_23365955.jpg

七輪で湯を沸かし、
d0184405_23405965.jpg

食後のコーヒーもゆっくりいただきました。
水差し、湯呑みは平林昇さん作のもの。
これら遊山の道具も、ギャラリーで展示します。
[PR]
その日は朝から雨。
それでも、遊山人は集まる、築120年の古えの赤沼家に。
d0184405_231857.jpg

そして七輪に火を入れる。
d0184405_23203133.jpg

まずは、コーヒーでも。
d0184405_23231788.jpg

盛り沢山な遊山箱の中。
d0184405_2213572.jpg

今回のゲストは、アメリカから。
d0184405_22161060.jpg

これも定番になりつつある、たき火パン。
d0184405_22174155.jpg

焼き立て?のグイ呑みで、一献。
d0184405_22193236.jpg

BGMはお琴の調べ。
d0184405_22204958.jpg

本日の遊山箱、揃い踏みです。
d0184405_22235435.jpg

この子たちも含め、遊山箱と、それにまつわる道具たちを、工芸の五月企画として、
アトリエ宇-sora-で、4月29日~5月30日まで、展示いたします。
詳しくは、また紹介いたします。
[PR]
田んぼ通いが続いてます。

苗床作りをしました。

まずは、床の表土を取ります。遠くに常念、有明見ながら。
d0184405_21521996.jpg

軽く鍬入れして土をほぐします。
d0184405_01276.jpg

種籾をパラパラ。
d0184405_0142434.jpg

ふるいにかけた土をひいて、軽く押さえて
d0184405_0164735.jpg

切り藁をパラパラ。
d0184405_0182914.jpg

藁のおふとんかけて。
d0184405_0193184.jpg

これに鳥よけのの寒冷紗かけて、後は芽が出るのを祈りつつ、待ちます。

こんな調子で2日かけて、みんなでワイワイがやがやと。
土いじりは気持ちがイイですね。今のところは。

本業の「木」の方のお仕事も、やってますよ。ちゃんと。
[PR]
トキドキ顔が見たくなるニンゲンがいる。
ウチダゴウくん、彼もその一人だ。

もうすぐ、被災地に行くと云うし、彼の主宰するブックパッカーで、気になる展示会もやっているので、出掛けた。

はるとはるとさん ~渡辺治登さん 木彫りの地蔵展~
d0184405_18401157.jpg

地蔵がいろんな顔で、いろんな木に彫られている。
イイ顔なんだ、みんな。
見に行ってください。なごみます。

被災地ボランティアをしている彼の仲間もいて、しばしボランティア談義。
ゴウくん、気を付けて行っておいで。

城山の憩の森で知人らが「春の木工展」をやっているので寄ってみる。

その途中で前から気になっていたパン屋さん、「kune-kune」見つけました。
小麦の量がみっしりと、モチモチでお気に入りの食感なパンです。

松本城の廻りの桜は少し、ほころんでいた。

お花見をすれば、少しは春らしくなるかなあ・・・・。
[PR]
醤油作り仲間から、米作りに誘われた。

ウチの廻りは雑木林で、田畑仕事には向かないトコロ。

つい先日も、地区の方に共同畑に誘われて、今年は何か作るかー、っと思案していたところに、今度は田んぼである。

強風の中、田んぼの溝掘りに「田んぼチーム」が集まりました。
その強風、並大抵の風じゃない。
立ってるだけでもやっとのなか、皆、黙々と溝を掘る。
d0184405_23241167.jpg

有明山を望みなから、ひたすら、掘る。
d0184405_23264821.jpg

不慣れな穴掘り作業に、女衆はひーひー。
d0184405_23281889.jpg

畦に沿ってこんなカンジに。

明日はきっと、筋肉痛。まだ溝掘りは続く。
そして来週は苗床作り。

なんだか、いきなり農に目覚めたか?
[PR]
「安曇野遊山」なるものを、すこしづつ、少しづつ、流行らせようかと、安曇野の作家らが企んでます。
「遊山箱」の中身も、すこしづつ、形になってきました。

今日は陶芸作家さんで流行っている?!「七輪焼」をネタに「安曇野遊山」。

風もなく暖かい午後、ろっぢ安曇野遊人さんに「遊山人」が集まりました。

まずは、陶土をまるめて、こねて、思い思いのカタチに。
d0184405_20583924.jpg

ひたすら、まるめて、たたいて、のばして。
d0184405_2110797.jpg

七輪をおこして、出来上がったモノを乾かします。
d0184405_21114632.jpg

アイゼンさん謹製、七輪つかみ。
d0184405_21191758.jpg

いぐパンさん提供のパン種で、たき火パンに挑戦。
d0184405_21582281.jpg

上手に焼けるかなー?

だいぶ乾いてきました。
d0184405_222588.jpg

お茶飲んだり、焼いたり、眺めたり、ワイワイがやがや。
d0184405_223974.jpg

竹の吉田さんご持参の「ケリー・ケトル」。
松ぼっくりを燃料とする、エコな湯沸かし器です。
d0184405_2234014.jpg

どれどれ、焼けてきたかな?
d0184405_22185021.jpg

風を送って、本焼きです。
d0184405_221979.jpg

ジュウっと!
d0184405_22194695.jpg

アイゼン夫人が羊毛紡いで編んだ、遊山用敷物です。
d0184405_2220459.jpg

1200℃の火。
d0184405_2220182.jpg

スルメも焼いてます。
d0184405_22203998.jpg


坩堝の火。
d0184405_22234913.jpg

夕闇に最後の炎が立ち上ります。
d0184405_2224968.jpg


d0184405_22404565.jpg

土と遊んで、火と遊んだ、「安曇野遊山」。
今度は何して遊ぼうか。
[PR]