<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ウチのカンバンムスメ。
d0184405_20425716.jpg

有明の森の中にある、芍薬堂さんからオーダー頂いたドワーフの椅子を、あさだで作りました。
芯材の赤と辺材の白のコントラストが美しい木です。
左側の子が貰われていきました。
右の子は、ギャラリーで皆さまをお待ちしております。
座りに(触りに?)来てやってください。
[PR]
田んぼの水の様子を見に。
d0184405_21404892.jpg

危なげに植わっていた早苗達も、少し背が伸びたようです。

陽が落ちる間際、遠くで郭公の啼く声が。隣の田んぼからは、蛙の大合唱。

夏至も過ぎて、日に日に夏が近づいて来ますね。
[PR]
今日から、不耕起の田んぼの田植えが始まりました。

「自然農」とは、人の手がかかるものですね~。
やっとここまできました。

まずは、苗床OPEN!
d0184405_2351517.jpg

良くぞ、ここまで育ってくれました!

鍬で苗を鋤きとります。
d0184405_2375669.jpg


そして植えるところの草刈り。
芹がはびこって、これの根っこを切るのに一苦労。
d0184405_2364854.jpg


いよいよ苗を植えます。
一苗ごとに穴を掘って、植えていきます。
d0184405_23132764.jpg


ヨコ一列になって、藁をかき分け草を刈りながら、ひたすら植えます。
d0184405_23144618.jpg

苗も四種類。
気長に、楽しく植えましょう。
[PR]
二日に亘っての田植え、終わりました。

まずは、田に植苗の線を入れます。
d0184405_21585212.jpg

目に沿って一苗一苗植えていきます。
d0184405_2211024.jpg

ひたすら、ひたすら、植えます。
d0184405_222107.jpg

雨もパラつきましたが、無事、植え終わる事が出来ました。
d0184405_2234514.jpg

延べ15人くらいは参加しましたかね。
お疲れ様でした。

苗がけっこう余ってしまいました。どなたかバケツ田植えでもやってみませんか?
こしひかりの苗です。

後は、おひさまと水におまかせします。
美味しいお米になーれ!

さてさて、来週は、いよいよ自然農の田んぼの田植えです。
こちらも、参加者募集中です。
[PR]
堰に水を入れて
d0184405_19421946.jpg

代かきをお願いして
d0184405_1943165.jpg

いよいよ明日から、田植えです。
手植えなので、三日間みて、大勢に声かけてやる予定です。
どうなることやら・・・。
田植えをしたい方、見たい方、ひやかし大歓迎です。ご連絡ください。

来週は、自然農の田んぼの田植えも始まります。

明日、明後日(10日、11日)は、アトリエ宇-sora-はお休みさせて頂きます。
田んぼ作業のため、週末、来週と不規則営業になります。
ごめいわくをお掛け致します。
[PR]
田植え前に、自然農の田んぼのあぜ塗りです。
二日掛りで、畦を切り、溝を拡げ、その土を砕き、水を入れてまたさらに細かく砕き、ドロドロにして、畦に寄せます。
d0184405_2285135.jpg

乾くのを待ってまた寄せて
d0184405_2293140.jpg

鍬の背を使って、塗り上げます。
d0184405_22124381.jpg

なるべく機械のチカラを使わず、人の手で。
なかなかの肉体労働ですね。。。
[PR]
安曇野ちひろ美術館で開催されている企画展、
茂田井武の世界旅行」。

茂田井さんの企画展は、ちひろ美術館で何度か開催されていますが、
ちょっととぼけたような味のある線や、独特であたたかな色彩が
大好きです。

今回の展示は、彼の人生における「旅」をテーマにした企画展でした。
旅好きな私の心にぐっとくる内容。

画家の旅先のスケッチも大好きですが、
茂田井さんの旅の画帳に描かれているのは、いわゆるスケッチではなく、
夜、ひとりになったときに描く「印象の絵」。
心に残った光景を、記憶とイメージを増幅させて、自由に描いています。

見ていると、ひゅーっと、物語に引き込まれていくようなかんじ。
それが、気持ちいい。
もっともっと、たくさんのひとに見てもらいたい、知ってもらいたい画家です。


6月4日(土)には、イベント「茂田井武の幻灯会とミニトーク」があります。
「幻灯会」は、茂田井さんが家族のために描いて、暗い部屋で子どもたちを
楽しませた『ドリトル先生アフリカへ行く』のスライドを上映。
茂田井さんの娘さんのトークもあります!

まだ参加者募集中だそうです。
この機会にぜひどうぞ!

(R)
[PR]