「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年は少し遅めに咲きました。
d0184405_9303786.jpg
いつもの場所に、いつものように。

遠方からお客様も、見えられるようになりました。春ですね~。

田んぼも始動です。
d0184405_934639.jpg
まずは皆で堰さらい。常念がきれいだ。
ちいさいヒトもお手伝い?!。
d0184405_9454250.jpg
水通しー!
堰に水が入ると気持ちイイ!

空と地と水に感謝。
[PR]
hanamameさんモノ、入荷しました。
d0184405_18314180.jpg
新作もありますね。
d0184405_18331259.jpg
上段右:パオのような形?のシュガーポット(小)  2,600円。
d0184405_18395658.jpg
上段左:シュガーポット(小) 2,600円
d0184405_18445261.jpg
下段右:シュガーポット(中) 3,000円。
一番右のコの模様、気になります。
d0184405_18461781.jpg
下段左:シュガーポット(大) 3,600円。
どのコも今なら、選び放題。たぶん、迷ってしまいます。。。

d0184405_18495276.jpg
木のマグカップも、桜と楢のコが入りました。 6,300円。
d0184405_18551562.jpg
生木の器も、小:3,200円~大:6,800円と、いろいろな大きさで揃いました。

お手に取って、お気に入りを見つけてください。
[PR]
ご存じ十色屋みゆき姐さんの、ひつじ屋「ふくろ展」。
d0184405_20395737.jpg
皆さん、手ぐすね引いて待ち構えているようで、訪れた月曜日すでに残りがあとわずかに。。。。
d0184405_2044975.jpg
SOLD OUTの札が多い中、みゆきさん曰く、まだ掘り出しモノ?!があるそうです。
写真右下の蒼色のショルダーバッグ。オトコ的にも使えるヤツでした。
d0184405_2045228.jpg
オーダーもできるそうですよ。

明日は最終日、まだの方は行ったり往ったりー!!
[PR]
日に日にお日さまが暖かく感じられるようになって来ました。
吹く風はまだ冷たいけれど、少ーしづつ春の匂いがします。

春風の便りと共に、このコ達がやってきました。
d0184405_943502.jpg
 tsujiaki さんの「coNoHI BRooCH」  3,570円
個性的な色の木や木目を使い、いろいろな木をはりあわせたブローチ。
マル、サンカク、シカク、ゴカク?かたちも色々ですね~。
d0184405_9515516.jpg
tsujiakiさんとは、昨秋、大阪堺市で行われたクラフトフェア「灯しびとのつどい」で知り合いました。
このブローチ、ウチの「端っこの心意気」にも通づるところがあって、この春から置かせて頂くことに。

ひとつひとつ、お手に取って服に合わせてみてください。
[PR]
なぜか女子に人気のあるウチのkodomoソファⅡ型。

今回は、松本に住むN嬢のオーダーで、
d0184405_1952696.jpg
大人二人がゆったり座れる大きさで、と幅120㎝、奥行き50㎝で作りました。
d0184405_1927847.jpg
kodomoソファ改め、オトナソファですかね。。
d0184405_19275914.jpg
正面から見るとこんなかんじ。
下部中央に構造を補助する脚を入れました。
ソファ生地には、止水撥水性のあるものを使ってます。
d0184405_19293880.jpg
お店に来たN嬢、さっそく寝そべってご満悦。
d0184405_19305552.jpg
その日にお届けに。うしろ姿もイイでしょう。

N嬢、かわいがってやってくださいな。
[PR]
昨秋から、柔らかい色合いを届けてくれる、ろうそく作家「ho-to-ri-ya」さんにお声掛け頂いて、参加しました。
d0184405_1582279.jpg
yu me no to ri プロジェクト
「春のおくりもの展」 ~とびらをあけて、おくりものをさがしに~

3月15日(土)~16日(日) 11:00~18:00
3月21日(金)~23日(日) 11:00~18:00(最終日は17:00まで)

場所は、JR中央本線、西荻窪駅南口を出て、西荻南口仲通街アーケードをずーっと行ったところだそうです。
↑写真の扉が目印です。
ワークショップも行われます。

場所や出展作家など、詳しいことは→こちら

ウチからは、
d0184405_15593450.jpg
このコ達(ぱんのいたと、そらのさら)がおじゃましてます。

この企画展は、障害児のためのシェアハウスをつくる運動を応援しています。

安曇野からも数名の作家が作り手が参加してます。

ぜひ、足をお運びください。
[PR]
ー冬来たりなば春遠からじー
東北の再興を心からお祈りいたします。
d0184405_2031947.jpg
昨夜来の雪が薄っすらと。
d0184405_202441.jpg
今朝も-10℃になりましたが、日中の陽射しは春の気配が。
d0184405_205937100.jpg
そんな春の匂いに誘われて、岳都松本へ。
松本城の周りの桜も少し膨らんでいたような気がします。
d0184405_214228.jpg
はぐれハクチョウが一匹。お前はまだ春を感じないのかい?

春はもうすぐそこまで。
お日様に向かって、大きくひとあくび。

明日もがんばろっと。
[PR]
すいません、長々と味噌作り編になってしまいました。
もうしばらくお付き合いください。

さあ、三日目はいよいよ仕込みです。
d0184405_10235897.jpg
醸しだされた米麹を、手で細かく揉み解してボウルに4㎏づつ小分けします。
d0184405_10273271.jpg
一晩置いておいた豆(9㎏)をミキサーに投入。
d0184405_1030337.jpg
続いて米麹を入れます。
d0184405_10305964.jpg
そしてお塩(メキシコ産天日干塩)を2㎏を揉み解しながら入れます。
d0184405_1035852.jpg
最後に魔法のお水、豆の煮汁をカップ1杯半くらいを、練加減を見ながらタラタラっと。
d0184405_10371436.jpg
6,7分くらいかき混ぜて、出来上がり~!
d0184405_1040451.jpg
味噌玉にして、
d0184405_10405083.jpg
樽に叩き付けて(空気を抜くのかな?)ぎゅっぎゅっと詰めていきます。
d0184405_1041236.jpg
仕込みたてのお味噌の色って、こんなかんじなんですね~。

長い三日間でした。
けっこうカラダ、くたびれました・・・。
でも楽しみです。
晒し布と、板酒粕で表面を閉じて、食べれるのは夏過ぎたあたりかな~。

ご長読、お付き合いありがとうございました。
[PR]
続きは昨日、なんて偉そうなコト云いましたが、思いのほか普段使ってない筋肉を使って連夜グロッキーでした。。。。

さて、二日目。
d0184405_18283325.jpg
一晩水に浸したお豆を巨大な圧力鍋で煮ます。
お豆の種類は「タチナガハ」。アイガモ農法でおなじみの藤沢さんのところで無農薬・有機栽培で採れたもの。
d0184405_183345.jpg
加工場の中は蒸気と豆の匂いが充満。9斗7を三回に分けて煮ます。
d0184405_18342815.jpg
その間に、去年作った味噌の返しをしたり(写真)これをすると更にオイシクなるそうです。、醸し中の米麹の切り返しをしたり、休むヒマもありません。
d0184405_1839867.jpg
豆の煮汁は後でお味噌に混ぜる魔法の水。これでシャンプーなんかするといいそうですよ。もちろん大豆の旨味がギュッと入っているので、お料理にもいいそうです。
d0184405_18431980.jpg
煮上がったお豆をミンチにします。
d0184405_18451255.jpg
このまま一晩。

d0184405_18455792.jpg
隣の加工場では、豆腐作りが始まりました。
一晩水に浸したお豆を(味噌とは種類が違います)細かく擂り潰して、
d0184405_18483622.jpg
グラグラ煮立ったお湯に投入。
d0184405_18516100.jpg
半分近く煮詰まったもの(呉汁?)を濾します。
d0184405_18565729.jpg
お豆腐の匂いがぷんぷんの豆乳の出来上がり。

ここらで、私らは米麹の切り返しに。
d0184405_18585478.jpg
う~ん、いい匂い。
d0184405_18593953.jpg
暖かくて気持ちいい。米麹の匂いに酔いしれながら、一粒一粒細かくしていきます。
この子は、もう一晩醸します。

と、今日はここまで。
この日は一日の作業でした。さすがにくたびれましたね~。
d0184405_193427.jpg
でも、うれしいお土産が。
出来立てのお豆腐いただきました。おからも。

美味しかったです。
[PR]
手前味噌と申しまして、自分の手で仕込んだ味噌、それはそれは自己満足的にウマいものです。

五年前に仕込んだ味噌がちょうど無くなったので、田んぼの仲間に誘われて、今日から味噌仕込み。
d0184405_1653162.jpg
まずは大豆を洗います。面白いほど泡くが出て、数回水を替えながら、泡が無くなって水が澄んだら、
d0184405_1656125.jpg
たっぷりの水にひたして一晩置きます。

そしてお米を蒸して米麹作り。
お米は、アイガモ農法でおなじみの藤沢さんのところの、ササニシキ。
これを、72㎏いっぺんに蒸します。
d0184405_17493994.jpg
蒸し具合は、親指と薬指で擂りつぶして餅になるくらいだそうで。
食べるとやや固い。。。
d0184405_1758539.jpg
これを混ぜ揉み台?の上に移して(大釜から蒸した米を移すのは、スコップを使ってまるで雪かき・・。思い出してしまったゼ・・・。)、みんな混ぜ雑ぜ。熱いんですよ、これが!!
40~45℃くらいに冷めたら、種麹を混ぜます。
d0184405_1852927.jpg
よーく混ぜ合わせたら、醗酵器に移して、今日の作業はここまで。

けっこう、力仕事なんですよ。豆は9斗ありました。

この続きはまた明日。
[PR]