<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

さあて、はしっこから魔法のように素敵なモノを創る、
作家さんとその作品を紹介いたしましょう。
d0184405_2132044.jpg
菊池みゆきさん。ご存じ、十色屋さんご店主です。
染色作家のご主人が作る麻のれんの端っこが、こんな素敵なバッグに生まれ変わりました。
d0184405_21511732.jpg
この色合わせ、なんとも言えませんね~。
d0184405_21542853.jpg
左の横縞な肩掛けバッグ、ワタシ欲しいです。。
d0184405_220360.jpg
何気に見てください、このボタン。
d0184405_2224249.jpg
ホラ、これも!
d0184405_2254375.jpg
いちいちイイんですよねー。。
多くは語りません。
ぜひぜひ、お手に取ってごらんください。
ご本人曰く、同じモノは作れません(端材を寄せ集めてますから)、売りっきりです!とのことです。
お早めに。

も一つ楽しいヤツらが。
d0184405_22111984.jpg
はしっこコースター。 一枚450円。
このヒトたちも、同じものがありません。
お好みのコ、お選びください。

いつもとちょっと違う、みゆきワールド。
お楽しみください。
[PR]
今回は、まだほとんど告知していないので、ゆっくりとした始まりになるのかなあ。。
っと暢気にしていたら、オープンからゆる、ゆるっとお客様がいらっしゃいました。
d0184405_2120324.jpg
知り合いの作家さんや、ギャラリーの方が顔出してくれたり、ご紹介頂いてみえたりと、ゆる賑やかな初日となりました。

次から、作家さんと作品の紹介を少しづつさせて頂きます。
乞うご期待!
[PR]
2014年夏の企画展、「はしっこの心意気 2014」
もうすぐ始まります!
d0184405_14501333.jpg
ものづくりをしていると、「端材」という子たちが出てきます。
何だか知らないけど、取って置いてしまうんですよね。。。。
いずれ「何かに」生まれ変わるコトを信じて。
アトリエ宇-sora-では、家具作りで出る「端材」で、お皿を作ってます。そう、「そらのさら」たちです。

三年前に創めたこの企画、今年で二回目、六人の作家さんの手によって「はしっこ」たちが、素敵な「もの」に生まれ変わって、お店の中に広がります。

出展作家
菊池みゆき(布)、小塚晋哉(木工)、坂井真智子(布絵)、
hotori-ya(ろうそく)、mauve(金属)
木工舎遊木民(木工)

会期
2014年7月17日(木)~8月31日(日)
※7月は21日(月)は営業いたします。

会期中のワークショップ
mauveさんの「はしっこの板でチャームを作ろう!」
金属のはしっこに刻印を打って、キーホルダーやペンダントトップになるチャームを作ります。
日にち:8月17日(日)
参加費:500円
時間:10時から15時まで、1時間ごとに開催。
(作業時間は一時間です。)
定員:各回2名づつ。
※事前にアトリエ-sora-までお申込みください。

梅雨もそろそろ終わりですかねー。
涼しい穂高の森でお待ちしております~♪

※7月16日(水)は、展示替えのため、臨時休業いたします。

[PR]
アトリエ宇-sora-は、オーダー家具製作を稼業(なりわい)に、何でも作る木工屋です。
(あらたまって今更なんだ、ってかんじですが・・・。)

この子は、定番?の「ドワーフのいす」の座面高を30㎝にして作ったモノ。
d0184405_6355879.jpg
春に長野市のギャラリーに出展したときにオーダーを頂いて作りました。
この座面の高さ、普段は作らないものなのですが、意外や座ってみると不思議な落ち着きがあります。
感覚的には、そう、小学校の椅子に座ったかんじ。。。
懐かしいような、物足りないような、でも何故かまたすぐに座りたくなる・・・。
軽くて、どくでも連れて歩けて、そう、まるで小犬のような??椅子ですね。

この子は入り口はちょっと違って、これも定番?の「バッカスチェア(カウンターチェア)」の座面高を40㎝にして作ったモノです。
d0184405_6462967.jpg
これはご来店のお客様からオーダーを頂いて作りました。
どのような場面で使われるのでしょうか。
何度もご来店頂き、カウンターチェアの座り心地を確かめられて、座面の高さをレギュラーの40㎝でとオーダー承って作りました。
この小さな背ですが、これが意外と腰のホールド感がいいのです。
きっとナニかはまるツボがあるんでしょうね~。

おもしろいですね。オーダーを頂いて作る、って。
今さらのようにですが。。。
作る方に、ワクワクドキドキがありますよ。

そしてお客様が手にされて、実際に使ってよかったよ、との声に「よっしゃ!」とココロにVサインして、また次に進むのです。
[PR]
これはいったい何の材料で作られているのでしょう?
d0184405_2136417.jpg
ウオールナットではありません。
ポプラ材を現地カナダで、丸太こど長期間燻煙(スモーク)して出来たモノです。通称「スモークドポプラ」。
白いポプラが燻されることによって、斯様な色を醸し出すことになりました。
限定一台です。

ちょっと気の早い、黒いヤツです。
d0184405_21433385.jpg
夕方、お店の前で捕まえました。
しばらく飼ってみようかな。。。
昔はよく捕まえたなあ・・。
角に糸むすんで連れて歩いて、友達のやつと相撲取らせたり。
名前付けたりね。

ああ、夏休み。
[PR]