ぱんのいた作り~♪
d0184405_21314488.jpg
桜はらはらと散る下で、みなさん思い思いの格好で、ゴシゴシ。
面取りに鉋(南京鉋)を使うヒトもいます。
今回は特に面取りと仕上がりに皆さん、力注ぎました。
皆、いい手触りに仕上がりました。
d0184405_12515612.jpg
出来上がったら、おなじみいぐぱん謹製「クモパン」をカットして、いただきまーす!

今日、明日と普段は定休日なのですが、GW中はオープンいたします。
d0184405_1301526.jpg
今日は花散らしの雨となってしまいましたが、連休中休み?ゆっくりと雨の安曇野をご覧ください。
[PR]
ワークショップ、まだ大丈夫です!
☆5月5日(金)「竹とんぼ作り」 講師:倉田俊男 
10時~/14時~
それぞれ定員:10名 参加費:500円
d0184405_618276.jpg
竹とんぼの羽を削って、心棒を削って、
d0184405_6205523.jpg
飛ばしながら、また削りながら、遠くに飛ばせる竹トンボを作ります。
d0184405_6221028.jpg
指導するのは、この道数十年?のベテランです。
竹トンボ作り、マスターしましょう!

お申し込みは、事前に電話またはメールにてお願いします。
電話:0263-88-5539 
※工房作業や接客で、出られず留守番電話になる場合があります。メッセージをお願いします。
折り返しご連絡差し上げますので。
メール:youbokumin★tree.odn.ne.jp→★を@に
[PR]
ワークショップ、まだ大丈夫です!
☆4月30日(日)「ぱんのいた作り」
10時~12時 定員:8名 参加費:3,500円
d0184405_18575591.jpg
食パン型のカッティングボードを
d0184405_1912458.jpg
数種類のサンドペーパーを使って形を整え(希望者は特殊な鉋で面取りなども出来ます)
d0184405_1925819.jpg
胡桃の実を布にくるんで叩いてつぶしたのを摺り込みます。
d0184405_1944918.jpg
出来上がったら使います。いぐパン特製「クモパン」をカットしてプレートとし、ていただきます!
d0184405_1975963.jpg

使ったあとのお手入れも伝授します。

お申し込みは、事前に電話またはメールにてお願いします。
電話:0263-88-5539 
※工房作業や接客で、出られず留守番電話になる場合があります。メッセージをお願いします。
折り返しご連絡差し上げますので。
メール:youbokumin★tree.odn.ne.jp→★を@に
[PR]
5月27日(土)のワークショップ「木のマグカップ作り」ですが
d0184405_2133069.jpg
定員と参加料の表記に誤りがありました。大変申し訳ありません。
正しくはこちらです。
開始時間:10時~/14時~(こちらは訂正がありません)
定員:7名 参加料:3,500円
ご確認の上、お問い合わせ、申し込みください。

よろしくお願いいたします。
アトリエ宇-sora- 店主敬白
[PR]
※しばらくの間、工芸の五月企画展ワークショップの告知をページのトップでご案内させて頂きます。
「つくる・つかう+あそぶ」
期間は、4月26日(水)~6月3日(土)
ご好評の多彩なワークショップを「その場で作って、使う」をテーマに毎週末、展開します。
詳しくは、前ページ「工芸の五月 2017」をご覧ください。

一昨日、春の暖かい陽気の中、「穂高お醤油倶楽部?」の醤油搾りを、安曇野の醤油搾り師・宮崎康英さんをお迎えして賑やかに行いました。
d0184405_9424251.jpg
今年の樽は、木樽とプラ樽の二樽。諸味の味も違うようです。
d0184405_9441528.jpg
諸味にお湯を加えて溶かし延ばして
d0184405_9464720.jpg
濾し袋に流し込んで、舟に敷いていきます。
d0184405_9485551.jpg
すると舟口から生醤油がたらりたらり~♪
d0184405_14454257.jpg
一番搾り!
d0184405_14465732.jpg
みなさん、思い思いにのんびりと
d0184405_14481010.jpg
生醤油おにぎりに塗って焼いたり、うどんに掛けまわして食べたり、ビールを呑んだり!?と
d0184405_14494190.jpg
シイタケの駒打ちは女性陣に大人気!
d0184405_1450369.jpg
オトコどもは、醤油ハウスの組み立てを
d0184405_14512395.jpg
そして立派に搾れた醤油に火を入れます。
これで一週間静かにしずかーに寝かせてオリを沈めて、瓶詰めします。
鹿児島から、醤油搾り師志願の大豆農家ファミリーも参加して下さり、子供らは庭じゅう掛け廻り、賑やかな醤油搾り祭りになりました。
搾り師宮崎さん、どうもありがとうございました。
[PR]