人気ブログランキング |

カテゴリ:家具( 81 )

松本のMさんからのご依頼で、代々伝わる観音様を祀る場所が欲しいと云われて、約二年。
一度、観音様を拝見させて頂き、おおまかな寸法は掴む事は出来たものの、材料を選ぶ段階で、迷う。

迷うと、なかなか決まらない。
この春もう一度、観音様にお出で頂く。
何種類か思いつく材料をあてさせて頂いて、ようやく落ち着く。

そして出来上がりました。
d0184405_2224096.jpg
材料は楓を使いました。
d0184405_2245025.jpg
シンプルな「はこ」です。底板の前がゆるく扇形をとってあります。
一枚の板から作りあげました。
気を使ったのが、背板です。
d0184405_2290100.jpg
画像からは判りづらいかもしれませんが、観音様のお姿に合わせて、木目を選び揃えました。

Mさんにも気持ちよく喜んで頂き、ホッとしました。

緊張するんですよ~。
仏様や、観音様をお入れする厨子を作る、ということは。

いい仕事させていただきました。ありがとうございました。
ウオールナットの椅子に新しい仲間が増えました。
d0184405_2101665.jpg
ウチの定番バースツールと、レギュラーの椅子のDNAが混ざった、ちょっと小振りなこのコ。
d0184405_2115634.jpg
もうすぐ沖縄に旅立ちます。

ウオールナット一家が揃ったところでパチリ☆
d0184405_217526.jpg
左から、ドワーフの椅子、ちょっと小振りなコ、バースツール、レギュラーの椅子、前でが、コビトスツール。黒いヤツら、勢ぞろいです。

夏至も過ぎて、いよいよ夏を迎えようとしています。
今年の梅雨はどうなっているんだろう。。。。。

ちょっと涼しい、穂高の森。 
おでかけください。
おなじみのドワーフの椅子。
先日お客様より、もうひと廻り小さく出来ませんか、とのオーダーがあって作ったのがこの子。
d0184405_2041048.jpg
材料は栗です。もちろん、オイル仕上げです。
大きさは、高さ39㎝(座高19㎝)×巾30㎝×奥行31㎝(座奥行26㎝)。
全体を30㎝四方以内で、との注文でした。
お子さんのお誕生プレゼントだそうです。
このサイズで作ると、なんかカワイイんですよ~。

ちょうと出来上がったいつものドワーフ・あさだ君と比べてみると
d0184405_2050376.jpg
こんな感じに違います。
いつものドワーフの椅子は、「オトナが座れる小さな椅子」というふれ込み?!ですが、このミニドワーフの椅子は、まさにキッズチェア。

この写真の子、現品で在庫1、でお店にあります。
お値段は、24,000円

どうぞ、お子さんを座らせて、その大きさを感じてみてください。
ご近所のカフェに木のプレートを頼まれました。
d0184405_21293112.jpg

こちらはお薦めのロールケーキ。今日はコーヒーロール。
d0184405_21275449.jpg
これ、ウチのワークショップでも登場します!

さて、このプレート
d0184405_2133168.jpg
こんなかんじで使われるそうです。
お椀の中身は、新作メニュー「プリン」です。今度食べなきゃ。
d0184405_21342689.jpg
桜、胡桃、栗の三つの材で作りました。大きさは縦18㎝×横24㎝×厚さ16mm。
胡桃油で仕上げてます。

近々、お店にも出してみようかと思います。
お楽しみに。
おなじみのkodomoソファ、
「もう少し大きくして座りやすくならないかしら?」のご意見を聞いて、サイズアップしてみました。

d0184405_20115342.jpg
Lowソファ1P
オトナの男性でもゆったり座れる低めの座面。あぐら感覚で座れます。
全巾550mm(座巾450mm)
奥行450mm(座行400mm)
全高500mm(座高200mm)
d0184405_20175999.jpg
ファブリックは画面では判りずらいですが、
落ち着いた縮み模様の入った布を使ってます。
価格:67,200円(税込)
二人掛け用も、サイズ変更でのオーダーも、可能です。

まずは、その座り心地、お試しあれ。
おなじみの、ハイスツール。
d0184405_20483271.jpg
福井県のMさんご夫婦が、ご来店の折にオーダーして行かれました。

左:メイプル これはレギュラータイプ。
右:ウオールナット 今回オーダーを受けて作りました。
高さ60㎝×30㎝×30㎝ (座面径 18㎝)
価格  29,925円(税込)

これに座って美味しいビールをグイっとねー。
アトリエ宇-sora-が始まった2010年11月に、産まれた桜の椅子。→こちら
その時お買い上げ頂いた、横浜のKさんご夫婦から、もうひと廻り大きな椅子を、とのオーダーをいただき、作りました。
d0184405_22182545.jpg
限りなく丸味をつけ、その手触りは心地良さを心がけて削り、磨きあげました。
d0184405_22222194.jpg
その曲線はあくまでも滑らかに。
d0184405_22241744.jpg
背当たりの削りも背中に優しく。
d0184405_22255590.jpg
まるで寄り添うようなこの2脚。
このカタチでまた、車に積まれて旅に出ました。

手放すのがちょっぴり寂しいコ達でした。。。。

たんと、可愛がってもらいなさい。
松本市女鳥羽のSさん宅にウオールナットのダイニングセットを納めました。
d0184405_223801.jpg
テーブル:長さ180㎝×巾90㎝×高さ70㎝  ベンチ:長さ160㎝×巾40㎝×高さ40㎝  オイルフィニッシュ
d0184405_22415326.jpg
削り出しの椅子が4脚。この椅子は後日また詳しく。
d0184405_2243583.jpg
13日(土)、14日(日)は、オープンハウスとして、Sさん宅が公開されます。
素敵なおうちです。
興味のある方は、藤松建築設計室さんのHPまで。
ダイニングセットも見れますよ~。
ウオールナットの椅子、削ってます。
d0184405_2151111.jpg
使う鉋は、南京鉋、二方反鉋、外丸鉋、などなど。
d0184405_2184256.jpg
これは南京鉋で削っているところ。
d0184405_21103967.jpg
削ったトコロの感触を確かめながら。
d0184405_21125376.jpg
しゅるしゅる、っと。鉋屑が山盛りになります。

木を削る音と匂い。
刃のアタリを確かめながら、ひたすら手を動かす。

この時間がたまらなく好きなんです。
昨日、削っていたテーブルが出来上がりました。
d0184405_19574554.jpg
小抽斗つきのテーブル。
材料は桜。 長さ1500mm×奥行き850mm×高さ700mm。
d0184405_2021022.jpg
カトラリーやランチョンマット、テーブル周りの小道具が収まります。
d0184405_19593286.jpg
抽斗は両側から使えます。
d0184405_2032277.jpg
抽斗は厚みは薄く(50mm)天板に直接取り付けているので、椅子に座った時、膝上の邪魔になりません。